ニゾラールで水虫を完治!

ニゾラールの説明とニゾラールの写真

ニゾラールは抗真菌薬でその名の通り真菌に対して有効な薬です。日常でいうと真菌、いわゆる水虫などがそれにあたり、ニゾラールはその真菌を退治するのに使われています。ニゾラールはどんな作用か、どんな効果があるのかを紹介します。

水虫治療におけるニゾラールの重要性

水虫というのは白癬菌と呼ばれる真菌、つまりカビの一種が足に感染する事によって発症します。
真菌自体は身の回りにも沢山存在していて皮膚にも存在しているのですが、抵抗力が弱まったり真菌が繁殖するのに適している環境で増殖して猛威を振るうと真菌感染症を起こす事になります。
水虫は白癬菌が足に感染する事によって起きると説明しましたが、白癬菌が感染するのは足だけでは無く、爪に感染すれば爪白癬、頭に感染した場合は頭部白癬といったように呼ばれ、他の部分にまで白癬菌が感染してしまう可能性もありますので、出来る限り早めに治療を行う事が大切です。
昔は水虫になると治る事は無いので一生付き合っていかなくてはならないとも言われていたのですが、現在では薬を用いれば治療する事が出来るようになっていてその治療薬の一つがニゾラールです。
水虫の治療を行うためには白癬菌を退治すべきであり、白癬菌を退治するためには人の細胞と真菌の細胞の違いを利用して人の細胞には影響を与えずに真菌のみに対して作用する薬を用います。
ニゾラールの場合は真菌の細胞膜の主成分であるエルゴステロールが作られる事を阻害して真菌を退治します。
人の場合の細胞膜は主にコレステロールで出来ていて、エルゴステロールとは異なるので人の細胞に対しては影響を与えずに真菌のみを退治する事が可能なのです。
ただ、ニゾラールを用いる時には全く人に影響を与えずに副作用が起きないという訳では無く、重篤な副作用の心配はほとんど無いですが、接触性皮膚炎や刺激感、かゆみなどの局所的な症状が起きる可能性があります。
これらの副作用はニゾラールを使用するのを止めれば自然と治っていくので、よほどの事が無い限りはそれほど心配する必要はないです。